iPhone修理

電源が入らないiPhoneの修理

iPhoneを使っていて、ある日突然電源が入らなくなることがあります。このような時は、次のことを試してからメーカーに修理の問い合わせをされると良いです。
まず、画面が黒くなってフリーズしてしまった場合、再起動してみて下さい。それでも直らない場合は、1時間ほど充電します。それでも直らない場合は、メーカーのホームページを確認しながら症状をはっきりさせます。その上で、メーカーに修理の相談をすると良いでしょう。
上記の他によくあるケースが、画面は黒いままでも、音声などの音は聞こえてくるケース、画面は通常通り見えるのにタップしても全く反応しないケース、再起動しようにもボタンが壊れていて再起動できないケースなど、こうしたケースも多く見られます。これらの症状が見られた場合は、速やかにメーカーやキャリアの相談窓口にて相談されたほうが良いでしょう。
電源が入らない原因は、大きく分けて2つあります。1点目は、ボタンが壊れていたり、熱で電子部品が壊れていたり、物理的衝撃や水没などの外的衝撃によって故障するなどした場合です。このケースでは、殆どの場合修理に出すしかありません。もう1点は、バッテリーが劣化したためであるケースです。この場合は、バッテリーを交換すれば直ります。

おすすめの記事

TOP